マンション大規模修繕工事 山形市Yビル

マンション大規模修繕工事 山形市のYビルの修繕工事事例です。

山形市の物件です。

5階建ての鉄筋コンクリートです。

初めは外壁塗装のみのお問合せで診断しましたが、屋上防水がかなり劣化しており、下階や共用部天井にエフロが出ている状況でした。

このまま外壁を塗装してもすぐに屋上から壁面にエフロや浸入水が伝うと想定し、屋上防水の改修工事を第一に提案。

オーナー様にご理解を頂き、屋上防水と外壁塗装など、外装におけるフルリニューアル工事として依頼をお受けしました。

建物はかなり古いですが、今回のリニューアル工事で躯体コンクリートの活性化、漏水遮断、美観向上、資産価値向上されました。

修繕工事後に空き室も埋まったとのこと。

マンションやアパートの維持費はとても大変だと思いますが、だからこそ美観と耐久性を重視し、収益性の高い建物にしてあげたい
と思っています。

まずは施工写真の一部をどうぞ。
(写真500枚以上撮っている現場でした)

 

DSCF2403_b DSCF2381_b
 修繕工事 施工前  修繕工事 施工前
DSCF2406_b DSCF2394_b
 外壁クラック  外壁塗膜の浮き
DSCF2385_b DSCF2397_b
 共用通路壁面のエフロ、剥がれ  共用通路の天井エフロ、漏水状況
DSCF2392_b DSCF2393_b
 屋上施工前  屋上搭屋 施工前
0592B 1540B

カラーシミュレーション案①

この後何通りか提出し、確定。

カラーシミュレーション案②

色の区分けはこんな感じとなります。

マンションの足場 マンション大規模修繕工事

 足場仮設工事

入居者様には事前に案内と工程表や注意事項など

を提出しご理解頂いてます。

 足場仮設工事

メッシュシート貼り付け後

外壁浮き検査 マーキング

 外壁打診調査

 

マーキング作業

浮き部、欠損部、クラックなどを色分けでマー
キングしていきます。

外壁脆弱部ケレン 外壁樹脂注入作業

 塗膜RB種ケレン

脆弱塗膜をサンダーで削り取ります。

 アンカーピン注入

浮き部にエポキシ樹脂を注入し、アンカーピン
を挿入します。

外壁浮きピン注入 写真 2014-03-26 13 33 08_b

 アンカーピン挿入

 

 浮き部注入 完了

 

IMG_5293_b IMG_5292_b

 クラック低圧注入

クラックに沿って座金を取り付けていきます。

 低圧注入

取り付けたプラグにエポキシ樹脂を注入します。

外壁低圧注入 外壁低圧注入

 低圧注入 完了

 

低圧注入 完了

この後乾燥したらプラグを撤去します。

クラックUカット処理 IMG_3441_b

 クラックUカット

1mm以上のクラックはUカット処理しシーリング
を充填します。

 Uカット後プライマー下塗り

 

クラックUカットシーリング クラックUカットシーリング

 Uカット部シーリング充填

 

 Uカットシーリング完了

この後モルタルで平滑にして、周辺部の模様と
合わせます。
合わせる作業は吹付タイルや砂骨模様など様々
です。

外壁下地状況 外壁モルタル補修

 外壁ケレン後

 

外壁モルタル補修

ケレン後の段差や欠損部はモルタルで成形した
り全面を塗り付け平滑にします。
塗装前の大事な工程です。

外壁モルタル補修 外壁モルタル補修

 搭屋外壁補修後

 

搭屋外壁補修後

樹脂注入した現場はたいていこのような
補修工事が発生します。

軒天下地状況 軒天補修

 軒天状況

庇からの漏水でコンクリートが中性化しています。

 補修後

ケレン後モルタルで補修します。
モルタルはカチオン系やエポキシ系が推奨され
ます。

IMG_1101_b IMG_1091_b

 窓抱き周り成形

モルタル成形後

低圧注入部やヘアークラックはフィラーなどで
模様付け、摺り込みをします。
 01 (3) 01 (4)

 外壁高圧洗浄

下地処理が完了後に高圧洗浄します。

外壁高圧洗浄

ここまでの下地処理がとても大変な作業と
なります。

微弾性フィラー下塗り IMG_1112_b

 外壁下塗り

微弾性フィラーを下塗り中。
砂骨ローラーでさざ波模様を付けます。

外壁下塗り

 

IMG_1127_b IMG_1152_b

 外壁上塗り

上塗りは2回塗りとします。
上塗り1回目を中塗りとも言います。

外壁上塗り

色分け部分もあります。

IMG_1150_b IMG_1151_b

 役物関係塗装

板金部分や手すりなど、外壁付帯部の塗装も
行います。

役物塗装後

こうした見えない細かい部分を綺麗に塗装する
事でより引き締まって見えます。

外壁下塗り後 外壁上塗り後

 バルコニー外壁下塗り後

微弾性フィラー下塗り後です。

バルコニー上塗り後

上塗り2回塗って養生を撤去して完了です。

写真 2014-04-15 16 08 55_b 写真 2014-04-14 17 30 54_b

 搭屋外壁塗装完了

 

バルコニー天井塗装完了

 

P1030057 写真 2014-04-28 16 26 15_b

 タイル部分施工前

このタイル部分は浮きを注入して全面モルタル
塗を行い塗装仕上げにします。

タイル面塗装仕上げ

強力に密着するモルタルを全面に塗り付け少し
コテ模様を付けながら仕上げました。

手摺塗装 写真 2014-04-28 16 26 02_b

 バルコニー手摺塗装後

 

外壁、タイル面塗装完了

 

施工前 屋上高圧洗浄

 屋上施工前

 

屋上高圧洗浄

写真の通り、洗浄すると元々の色がはっきりと
出てきます。

マンション大規模修繕工事 写真 2014-03-22 14 35 37_b

 シンダーコンクリート斫り

既存のシンダーは浮き部が多々ありましたので
ピックで斫って平滑に補修します。

シンダーコンクリート補修

モルタルを流し込み、解体した部分を埋めて
平滑にします。
とても大事な下地処理工程です。

シンダーコンクリート補修 マンション屋上施工前

 シンダーコンクリート補修後

 

屋上下地処理後

クラックは樹脂注入、シンダー目地は撤去し
モルタルで埋めます。

写真 2014-04-10 10 15 02_b 写真 2014-04-10 11 47 33_b

 コア抜き

搭屋屋上に水が抜けないところがあったので、
コア抜きして外壁を貫通させ、新しくドレン
を設けます。

ドレン管新設

新しく塩ビの配管を設けました。

絶縁シート貼り付け 絶縁シート貼り付け(遮水系)

 遮水絶縁シート貼り付け

今回はウレタン塗膜防水での改修となります。
下地はシンダーコンクリートなので絶縁工法
が必須と言えます。
普通の絶縁シートではなく、遮水系のシート
で絶縁をします。

絶縁シート貼り付け後

 

 

 

写真 2014-05-08 9 54 22_b 脱気筒取付

 ジョイント処理

絶縁シートは突きつけで貼ります。
ジョイントには補強メッシュを入れてウレタン
防水で増し塗りします。

脱気筒取付

絶縁工法は別名通気緩衝工法とも言います。
下地の水分や空気を外に逃がす事が必要に
なるのでこのように新規にステンレス製の
脱気筒を取付けます。

写真 2014-05-07 17 03 38_b 立上りプライマー

 ウレタン防水主剤搬入

 

立上りプライマー塗り

立ち上がりは絶縁ではなく密着となるので
躯体に下塗りをします。

写真 2014-05-14 14 45 46_b 写真 2014-05-14 17 24 39_b

 フェンス架台

この架台もすべてウレタン防水で巻きます。

フェンス架台ウレタン防水完了

結構手間が掛かる作業です。

マンション大規模修繕工事 オルタック塗布

 屋上平場ウレタン塗膜防水塗布後

シームレスな防水層が出来ました。
公共工事仕様ではX-1工法と呼びます。

 屋上平場ウレタン塗膜防水2回目

 

トップコート 写真 2014-05-20 11 35 52_b

トップコート塗布

対候性を上げ紫外線から守るためのトップコート
を塗布します。

搭屋屋上完了

 

屋上防水工事完了 写真 2014-05-20 14 54 56_b

 フェンス架台防水工事完了

 

脱気筒取付後

 

屋上防水工事完了 屋上Xー1工法防水工事

 屋上ウレタン防水工事完了

X-1工法(絶縁工法)

屋上ウレタン塗膜防水完了

X-1工法(絶縁工法)

バルコニー防水工事 バルコニー防水工事

 バルコニー防水工事施工前

 

 バルコニーウレタン塗膜防水塗布

 

バルコニー防水工事 写真 2014-04-18 15 57 51_b

 バルコニートップコート

 

バルコニー防水工事完了後

 

共用通路天井 共用廊下

 共用廊下天井

下地処理完了後

共用廊下内壁

下地処理完了後

内部壁下地調整 IMG_1157_b

 共用廊下内壁下地調整

パテで段差を平滑にします。

共用廊下内壁下地調整

パテをした部分や段差をペーパーで平らに
均します。

内部共用部塗装 内部共用部塗装

 共用廊下下塗り

 

共用廊下上塗り

 

内部共用部塗装完了 内部共用部塗装完了

 共用廊下塗装完了

 

共用廊下塗装完了

 

P1030197_b 写真 2014-05-02 9 45 22_b

 ステンレス文字盤作成

 

 

 

ステンレス文字盤取り替え

元々はブリキ製の立体文字でしたが、錆びて
ボロボロになってました。
今回はステンレス製の文字盤をオリジナル作成
し取り替えました。
かなりカッコいいです。

写真 2014-04-30 11 47 44_b 写真 2014-05-07 8 46 25_b

 修繕完了後 足場解体中

 

 足場解体中

 

写真 2014-05-19 10 35 19_b 写真 2014-05-20 15 13 20_b

 自転車小屋屋根工事

屋上から落下する雪で屋根が壊れていました。
耐久性の良い折半屋根に変えます。

自転車小屋屋根葺き替え完了

折半屋根に葺き替えしました。

マンション大規模修繕工事 マンション大規模修繕工事

 全工程完了 全景

 

全工程完了 全景

 

 

Before

マンション大規模修繕工事

After

マンション大規模修繕工事

 約3か月ほどの工事となりました。

外見が見違えただけでなく、コンクリートも活性化されてます。
屋上からの漏水も無くなり、今後15年、20年と安心して暮らせるように心を込めて作業にあたりました。

トータルのランニングコストを考えると、今回工事した内容でかなりコストカットされるはずです。
塗装後は空室も埋まりました。

やはり外観はとても大事だと思います。

この建物を解体するだけでもかなりの費用が掛かります。

今回大規模修繕工事をした事で資産価値向上、収益も生まれ、オーナー様の不安も解消できたと思ってます。

今後もアフターメンテナンスを徹底し、末永く見守っていきたいと思っております。
保証は外壁、屋上共に10年保証発行されてます。

この後、この建物を見ていた不動産屋さんなどがオーナー様へ問い合わせたようで、沢山のご紹介を頂いてお
ります。

本当に良いお仕事が出来たと思っております。

この度はお問合せから竣工まで、誠にありがとうございました。

今後とも宜しくお願いします。