山形で塗装リフォーム・防水工事をはじめ各種仕上げ工事を得意とするゆうき総業のホームページ

防水の工法と材料の種類

防水の工法と材料の種類

——————–はじめに——————–

防水工事にも様々な工法があり、使う場所や下地によって大きく変わってきます。

写真を参考にご紹介します。

1・ウレタン塗膜防水

←ここはRC(鉄筋コンクリート)造の新築物件です。

ウレタン塗膜防水の脱気工法

(絶縁工法)

で施工しました。

←通気緩衝シートまたは絶縁シート等と呼ばれる

脱気用シートを貼り付けています。

表面にはパンチ穴が入っています。

←脱気シート貼り付け後ウレタン防水敷き込み

(グレー)

トップコート(遮熱塗料)を2回塗って完成

今回は仕様で遮熱塗料で仕上げましたが、通常は

2液型のウレタン塗料で仕上げます。

ウレタン塗膜防水は、防水材を流し込み乾燥後伸縮率の高いゴム状の物質になります。

ですので地震等による建物の動きがあっても、それに追従できヒビ割れを極力抑えられます。

シームレス(継ぎ目がなく)な仕上がりとなるので、シート防水のような継ぎ目からの

漏水や剥がれの心配もありません。

その上次回塗り替え時のコストも安く押さえられるので、個人的にはお勧めしています。

ウレタン防水の改修工事保証はメーカーによりますが、通常5年程となります。

 

2・アクリル塗膜防水

既存塩ビシート防水がしわくちゃになってあちこち浮いております。

台風でこうなったと聞きましたが、よほど密着していなかったのか、普通は台風でここまでなるとは思いませんね。

浮き部を撤去していくと・・・

結局全部剥がれてしまいました・・・。

機械なしでここまで剥がれるとは、正直びっくりです。

下地のシンダーコンクリートの下地調整中。

クラックやシンダー目地をシーリング処理、欠損部はカチオンタイトで不陸調整をします。

プライマーを塗り脱気シート貼り付け。

防水主剤を2回塗りし、トップコートを塗っています。

工法的にはウレタン防水となんら変わりありません。

完成。

ここまではウレタン防水と変わりませんが、アクリル防水の最大のメリットは金属屋根にも防水が可能という事。

なので折板屋根やトタン屋根にも防水する事ができます。

その時もシームレスに防水が出来るので、あり程度の予測さえつけば確実に防水が可能となります。

同じくアクリル防水現場事例へ

3・FRP防水

FRPとは “Fiber Reinforced Plastics”の略で、日本語表記に直すと繊維強化プラスチックとなります。

車のエアロやプロテクターなどにも使われている頑丈な素材です。

この防水材はガラスマットのような繊維が入ってるので、曲げ強度、ひび割れ等が出にくい防水材です。

主に新築のベランダに使われています。

下地はコンパネ下地から出来るので、木造住宅にはピッタリです。

このようなコンパネ下地から施工が可能です。

まずは空気が入らないよう段差やくぼみをポリエステルパテで平らにします。

併せて入り隅のコーナーにも面木と呼ばれる三角のあて木を入れて、防水材の密着面積を広げます。

配水ドレン設置、パテ、面木、継ぎ目のシーリング、そして養生、と下準備を終えてプライマーの下塗りを行います。

プライマーは約2時間もすれば乾燥します。

主剤1層目塗布中

今回は2プライ工法と言ってガラスマットを2枚張りする工法で施工しました。

主剤を塗ってすぐに脱泡作業を行います。

1層目が乾燥したら2層目を行います。

次の日サンドペーパーで表面を目粗し、ブツや突起物を平滑にします。

目粗し後清掃し、トップコートを塗りますがその前に一旦アセトンと言うシンナーで拭きあげます。

トップコート完了

乾燥が速いので1日で2回塗りが可能です。

これはRC造屋上のFRP防水の改修事例です。

浮きが多く剥がせる所は頑張って剥がしましたが・・・

施工面積の30%程度が限界でした。

これ以上は特殊な機械が必要でしょう。

正直FRPの改修は一番大変かと思っています。

この後アクリル防水で改修しました。

こんな感じで仕上がりました。

FRP防水は木質系下地には向いているが、コンクリートには不向きかと思っています。

多少の弾力性はあるものの、やはりコンクリートに追従する程の弾性は得られないと思いました。

今回の様に改修で浮きが多発していると、どこまで剥がせば良いかが分からなくなるので、改修するにしても大変です。

新築の防水はRCやモルタル下地にはシート防水かウレタン防水、またはアスファルト防水が無難でしょう。

とまぁ、個人的な意見ですが・・・。

4・塩ビゴムシート防水
まとめ

アクリル塗膜防水・・・

メリット:改修工事に最適。下地を選ばないのがポイント。施工性が良い。コスト削減。

デメリット:新築には不向き。耐候性が悪い。経年劣化で硬くなる。

ウレタン防水・・・

メリット:弾性が良い。改修にも新築にも良好。継ぎ目が出ない。耐候性が良い。次期改修が容易。

デメリット:少々高い。アクリルよりも施工性が悪い。溶剤臭が出る。

FRP防水・・・

メリット:木造に使える。曲げ強度が強い。割れづらい。状態が良いと改修はトップコートだけで済む。

デメリット:コンクリート下地に密着が悪い。高い。臭い。火災事故の注意。浮きがあると改修が大変。

熱アスファルト防水・・・

メリット:耐久性が良い。改修が容易。コンクリート下地に相性が良い。浮きを直すのが容易。コンクリート打設が可能。

デメリット:高額。火を扱います。小面積には不向き。熟練度が必要です。

改質アスファルト防水・・・

 メリット:耐久性が良い。コンクリート打設が可能。施工が容易。

デメリット:トーチバーナーを扱います。熟練度が必要です。

塩ビシート防水・・・

メリット:施工性が良い。コスト削減。工期の短縮。機械固定工法により下地撤去が不要になる。トップコート不要。

デメリット:浮きが出るとやっかい。重量が重い。状況次第で改修時の全撤去が必要になる場合あり。

ポリマーセメント防水・・・

メリット:臭いがない。取り扱いが容易。止水工事も可能。複雑な部位にも可能。小面積でも容易。

デメリット:耐久性が悪い。割れる。乾燥が遅い。金属との相性が悪い。

この他もモルタル防水や加硫ゴムシート防水などがありますが、下地によって使う材料が変わるので、設計屋さんや元請と綿密な話し合いをして工事を進めるべきだと思います。

考えるべきポイントは、まずは予算。そして構造、ランニングコストなのではないでしょうか・・・。

といっても大体は新築時に設計屋さんが仕様を組んであるので、改修次期に何をするかで一番迷う事になると思います。

せっかく改修したのに雨漏りした、なんてことがないようにしっかり施工したいですね。

それと防水工事には8種類の工法が存在し、それぞれに1級、2級の国家技能検定があります。

お問い合わせはお気軽に! TEL 0120-114492 9時〜19時(日・祝日除く)

施工エリア

    山形県エリア:
  • 山形市 上山市 南陽市 高畠町 米沢市 長井市 天童市 村山市 東根市 大石田 山辺町 寒河江市 朝日町 新庄市
        ほか主に
      • 村山、置賜、最上地方
        福島県出張所エリア:
      • 会津若松市 喜多方市、宮城県出張所エリア:仙台市 名取市 白石市

      多方面出張も随時ご検討しています。

ブログ



加盟団体

塗装店の案内所

おすすめ塗料

SNS

PAGETOP
Copyright © ゆうき総業株式会社 All Rights Reserved.