床タイル面へのスプレーコンクリート

山形市の店舗です。
外部ショールームの床を改修しました。

既存タイル面を特殊な吹付材で改修した事例です。

豊富な色とデザインのテンプレートが用意されてます。
目地色と表面の色を選択できます。

表面は防滑性があり、冬でも滑りません。
強い塗膜となり、車が上がっても割れる事はありません。
吹付けなので工期も短く、乾燥も早いです。
最大のメリットは既存タイルを剥がさず施工できるという点です。

←施工前

↑浮き部斫り

既存タイルの浮きは予めマーキングしておき、ピックなどで斫りします。

↑コンクリート打設

部分的に誘発目地を新設しました。

↑型枠造作+差筋

段差を解消するため、型枠を組んで生コンを打設します。

↑生コン打設

段差部分をコンクリート打設しました。

←型枠解体後

これで下地調整完了です。

←ベース材下塗り

様々な色が用意されてます。
ベース材は目地色になる材料です。

←ベース材下塗り後

今回は目地色は明るい赤にします。

←テンプレート敷き込み+仕上げ吹付け完了

型紙を剥がすとこんな感じに仕上がります。
明るめの目地色を使っても案外目立ちません。

←保護クリアー塗装

表面の強度と骨材の密着性を高めるクリアーです。

←施工後
←施工後