塗装 |窯業系サイディング外壁塗装工程 施工例

トタン屋根と窯業系サイディングの塗り替え事例です。

雪が深い地域であったので基礎が高いため全高もとても高い家です。

インターネットからお問合せ頂き着工となりました。

玄関の屋根には山形には珍しいカラーベスト(コロニアル)が貼ってあったので、このサイトで塗り替えの事例を紹介できるのは稀と言えます。

サイディングも目地が深いものでしたが、全て手塗にて仕上げました。

屋根は遮熱塗料を使っています。

塗装|窯業系サイディング

↑施工前全景↑

まずは足場を全面に掛け作業開始します。

↑足場仮設後全景

インターネットからお問い合わせ~竣工に至ったお客様です。築13年ほどの大きな家でした。施主様は若いご夫婦で、塗装にもある程度勉強したようで理解力ある施主さんでした。

雪が多い地域なので近隣を含め基礎は高くしてあります。ついでに車庫にもなっています。

はじめは外壁のシーリングの打ち替えから。サイディングの外壁は縦に何スパンかに継ぎ場があります。その継ぎの部分はシーリングというゴム状の充填材(ジュウテンザイ)が施されており、そのシーリングによって躯体の動きに対応できています。

  しかしこのシーリングも10年を経過すると共に弾力がなくなり劣化してきます。特にひび割れが多く、防水効果が全くなくなってしまいます。ですので塗装の 際必ず行う作業の一つと言えます。むしろシーリングの打ち替えをしないようなら塗装する意味すらなくなります。気をつけよう!!

↑サイディングのシーリング部分施工前 ↑既存シーリング撤去中
シーリング打ち替え
↑新規バックアップ材挿入 ↑充填する部分にマスキングテープで養生します。

↑プライマーという接着材を塗布中

 

 

↑充填完了!

新しく充填したシーリングは変性シリコンというシール材です。

充填後速やかにテープを除去します。

↑撤去した古いシーリング材

土嚢袋丸2つ分になりました。結構重いです。

↑シーリングが完了してから外壁の高圧洗浄を開始しますが、その前に足場面にメッシュシートを貼り付け飛散対策をとります。

シーリング前に洗浄してしまうと古いシーリング部分から漏水してしまう可能性があるので、必ずシーリングして漏水箇所がないか点検してから洗浄を行いましょう。

↑外壁洗浄中 ↑屋根の洗浄中
 今回は外壁だけではなく外装の塗れる所は全て塗ります。ですので屋根も軒天も塗る箇所は全部洗いました。

乾燥後外壁面の窓周りや塗料が付いて悪い箇所をビニールやマスカーという養生品道具で覆います。これを養生作業といいます。

養生が完了後いざ下塗りへ。

 

今回使用した下塗り材は当店では最優秀の下塗り材です。少々高いですが密着性は抜群です。ちなみに成分は弱溶剤2液型エポキシシーラーです。

サイディングはタイル調になっており、溝の深さはかなりありましたので、刷毛とローラーを併用して塗ります。

↑下塗り中(白) ↑刷毛でダメ込み中

↑下塗り完了後

本来は刷毛を先行するのですが、後からローラーでいくと溝に塗料が溜まってしまい大変でしたので順序を逆にしました。

↑外壁を塗る際、軒天も一緒に塗ってしまいます。

このシーラーは万能型ですので、窯業系サイディングや金属サイディング、ケイカル板にもばっちり密着します。

外壁面の下塗りが完了後上塗りへ入ります。

上塗りは2回塗るのが基本で、1回目と2回目を色違いで塗ることにより、塗り残しや規定膜圧を確保できます。しかも2回塗ったという”目で確認できる証拠”にも繋がります。

 

2回目を塗ってしまえば下塗りと上塗り1回目などは隠れて見えなくなり、本当に塗ったかもわからない始末です。当店は留守中の施主様もわかるよう色違いで塗り写真を撮影して確認させています。

もっと良いメリットとしては上塗りの1回目で保険的に色を確認できること。もし1回目の色が気に食わなくても2回目の色でまた確認できます。

正直な所、塗料の発注を考えるとメーカー調色で中1~2日位はかかる為、事前に仕上げ色(上塗り2回目)は決めて頂ければ幸いです。

↑上塗り塗装中 ↑上塗り2回目塗布中

↑上塗り完了(弱溶剤2液型シリコン樹脂塗料)
外壁塗装 外壁塗装

↑外装塗装完了 足場撤去後 全景↑

従来とは全く違う色を選択し、上品で落ち着きある仕上がりとなりました。施主様も色にはかなりこだわっただけに完了後は満足した様子でした。

↑既存シーリング撤去中

この破風はセメント系でサイディング同様継ぎ目があります。その継ぎ目はシーリング材が充填されていますので、ここもシーリングを打ち替えしました。

↑新しいシーリングを充填後

 

↑破風板の塗装後

この部材は破風や化粧帯等でも使用されています。もちろん塗装しなければボロボロになります。

↓こちらはトタン製の破風板

屋根と同じように錆止めを塗ってから仕上げ塗りをします。大概雨樋があるのですが、この地方はそれがない家が多く、塗装は結構楽に塗れます。雨樋を逃げながら塗る場合もありますが手間食うんですよね・・・。

↑破風板施工前

↑破風板施工後

 

トタン屋根の塗装です。

↑ケレン中

↑錆止め塗装後(グレー)

↑上塗り1回目

↑上塗り2回目完了後

↑塗装後全景

 今回は施主様の要望で遮熱塗料で仕上げました。遮熱塗料とは太陽の熱を反射し表面温度を下げる塗料です。表面温度が下がるということは内部の温度まで下がるので、エアコンの省エネ効果にも繋がります。

メーカーでまちまちですが、表面温度で約15℃~20℃下がりますので、体感温度で5℃~8℃程度でしょうか。

特に屋根裏部屋などある住まいにはもってこいの塗料です。こちらも屋根裏部屋があるのでちょうど良いと思います。この遮熱塗料は屋根だけではなく外壁用もあるので、屋根と外壁に塗ったらもっと効果大ですね。

ちなみにこの遮熱塗料も弱溶剤2液型シリコン樹脂です。

↑カラーベスト屋根施工前

↑シーラー下塗り後(濡れ色になります。)

↑上塗り完了後

この屋根は玄関の一部にしか使われてなかったので紹介します。関東では当たり前の屋根材なのですが、コロニアルとかカラーベストと呼ばれているスレートの屋根材です。

東北はあまり見られないので塗った人も少ないでしょう。この屋根の塗装は工法や材料がトタンとはまるっきり違います。

 

高圧洗浄は必須条件ですが、ケレンがありません。(端部や笠木にはトタンが使われる為その部位だけは要ケレン)

 

洗浄後十分に乾燥させ浸透性のあるシーラーを2回ほど塗りました。(1回でもいいのですが、関東の同業者さんからの情報ではシーラー2回は欲しい、とのことでしたので2回塗りました。)

その後シリコン樹脂塗料を2回塗って完了。なかなかいい艶出てます。上塗り後”縁切り”という作業が必要になります。

↑下地処理中 ↑上塗り完了後

↑上塗り完了後

↑バルコニーの木手摺の塗装です。始めにオービタルサンダーと言う機械でペーパー掛けをします。それから2回ほど塗って完了。

使った塗料はプラネットジャパンのプラネットカラーという自然塗料です。舐めても害はないのですが舐めてもおいしくありません。(笑)

 

 こんな感じで塗装工事が無事完了しました。約1ヶ月に及ぶ作業でしたが、とても見違えて綺麗に生まれ変わりました。

大きな道路に面しているお家ですので、通りがかりによく見ていきますが本当に綺麗で目立ちます。施主様とも良い信頼関係を結べることができ、今後もアフターケアやメンテナンスでお付き合いを続けていければ幸いです。

以上外壁塗装でした。

他にモルタル外壁の塗装工程も見てください。住宅各部名称と塗装工程

仕様書

屋根面積:269㎡

ケレン:マジックロン

下塗り塗料:1液型エポキシ錆止め塗料・・・エピライトマイルド(トウペ)

上塗り塗料:2液型遮熱シリコン樹脂塗料・・・クールタイトSI(SK化研)

窯業系サイディング外壁面積:250㎡

下塗り塗料:2液型エポキシシーラー・・・リフノン(スズカファイン)

上塗り塗料:2液型シリコン樹脂塗料・・・ファインシリコンフレッシュ(ニッペ)

破風板

下塗り塗料:1液型エポキシ錆止め塗料・・・エピライトマイルド(トウペ)

上塗り塗料:2液型シリコン樹脂塗料・・・クリーンマイルドシリコン(SK化研)

木部

上塗り塗料:自然系着色剤・・・プラネットカラー(クライデツァイト)

軒天

下塗り塗料:2液型エポキシシーラー・・・リフノン(スズカファイン)

上塗り塗料:水性アクリル樹脂塗料・・・アクアグロス3分艶(関ペ)

*ちょっと難しい質問と回答*

  Q:外壁の種類ってどれくらいあるの?

  A:外壁の種類は様々で住宅ではモルタル外壁・金属系・窯業系のサイディング・陶器タイル、磁器タイル・さんとう板・木毛セメント等

アパートやマンション・ビルではALC・RC(鉄筋コンクリート)・PCパネル・カーテンウォール等です。

種類により塗る材料も異なり、工法も違います。特にRCでは下地処理が大変で、コンクリート浮き部があれば打診調査して樹脂注入という項目が増えてきます。タイルの浮きがあればもっと大変です。

し かしそれぞれに特徴があって耐年数も異なるため、何が一番良いか?って言われるとちょっと困りますが、私的には住宅ではモルタルかと思ってます。確かにヒ ビは入りますけど、塗り替えてれば半永久的に持つんじゃないかなと・・・。サイディングは内部結露や雨漏りをしだすと塗装ごと 剥がされてしまうこともあ るので注意が必要です。

それと外壁の塗装には模様をつける事が出来、普通のモルタル外壁でもタイル調の模様や塗り壁等、多種多様に演出できることが魅力のひとつです。

例えば今まではありがちなリシン壁(砂壁状)だったのをさざなみ模様にするとか大理石調やイタリアン系など色々パターンを作れます。

ただ、塗り替えでは外壁の種類によって下地処理が大きく変わってくるということを理解しましょう!!そして低コスト・高品質を提案するのもプロとしての役割だと思っています。