上山市の 外壁塗装 窯業系サイディング 外壁塗装|築10年木造2階建て事例

インターネットから問合せを頂き竣工した物件です。

しかも同じ市内(上山市)の方でした。

実は着工する前年度から問合せ頂いており、当店のフットワークが未熟だった為に次年度へと繰り越しになってしまいました。

にも拘らず、数社相見積もりがあった中から当店を選んで頂き大変感謝しております。

そして施主様自身もそうとう勉強されていたようで感服いたしました。さらにお家への愛情も人一倍です。

ご近所様との交流も深いようで、おかげで何のトラブルも無く完了致しました。

近いので周辺を通る度につい見入ってしまいます。

また当職人への多大なるお褒めのお言葉も頂戴しました。これからもずっと見守っていく物件です。

←施工前全景

まだ築10年なので痛みや損傷も無く綺麗な状態です。

旦那様も家に対する思いやりから、今回塗装する運びとなりました。塗り替えるには早くも遅くも無いBESTな時期と言えます。

いつも同様3種類ほどカラーシュミレーションを行ってみました。

当初の予定では思い切って色を変える気持ちでしたが、奥様を含め三者検討の上、従来通りのイメージへと変更されました。

足場仮設工事中

メッシュ&イメージシート貼り付け

花柄のかわいいメッシュも貼り付けました。

シーリング打ち替え

今回シーリングは40Mほど打ち替えしたのですが、なぜか写真がこれしか残っておらず・・・。

打ち替えまで必要ないと判断した所は増し打ちしました。

大屋根施工前(横長尺トタン屋根)

築年数的にもちょうど良い塗り替え時期でした。

劣化状況としましては、わずかな錆とチョーキング程度です。

高圧洗浄中

面積が大きいので洗うのも時間が掛かります。

雨樋内部洗浄前

藻やコケが生えてます。塗り替えに行くと大抵生えてますので、屋根の洗浄ついでに洗う事が多いです。

洗浄後

内部は塗装しませんが、せっかく綺麗にするのでついでにやってあげたい部分です。

洗浄した事で水の流れもよくなります。

ケレン・目粗し中

当店はトタン屋根には全面目粗しを行ってます。

これは足付けとも呼ばれる重要な工程です。密着向上に繋がります。

この後ケレンで出たカスや粉塵をブロワで掃除します。

雪止めアングル錆止め下塗り

ここから塗料を使う工程に入ります。

大屋根に手を付ける前に雪止めなどの役物から進めます。

大屋根の錆止め下塗り完了

今回は濃い茶色を上塗りする為、赤錆色の錆止めを使いました。

使用した塗料はエポキシ錆止めと言って錆止め材では高額な塗料です。

2液型シリコン樹脂塗装完了

ウレタンシリコンのハイブリッド塗料で仕上げてます。

当店の実績上、とても優秀な屋根塗料です。

2階外壁外壁高圧洗浄

サイディングにもわずかなチョーキング現象が生じてます。これは高圧洗浄によって落とすことが可能です。

1階外壁高圧洗浄

シーリングは打ち替え済みなので内部に水が侵入する事はありません。

ここのダクト廻りにはシリコン系シーリングが充填されていたので特殊なプライマーで下処理します。

2階外壁下塗り中

アロン水性プライマーという2液性のシーラーを塗ってます。

1階外壁下塗り完了

2階外壁上塗り1回目

上塗り1回目は2回目よりも薄い色で塗っています。

色違いにする事により塗り残しを防ぐ事ができます。

1階外壁上塗り1回目

2階同様に進めていきます。

注意しなければならないのは、サイディングの凸凹面に綺麗に塗料を乗せる事。

段差が激しければ激しいほど、ローラーの圧着力を強くしなければなりません。

2階外壁上塗り2回目

塗ってしまうと分かりづらいですが、1回目と2回目の色は全然違います。

1階外壁上塗り2回目

こうして見比べると如何でしょう?

色の違いがはっきり判りますね。肉眼では尚更です。

1階外壁施工後

とてもいい艶です。

外壁塗装後 のアップ

これで乾燥後の状態です。艶々です。

施工後のアップ

塗り替えした後、光に反射された塗膜を見るとつい触ってしまいたくなります。

軒天施工前

軒天は一般的なケイカル板です。

軒天下塗り中

外壁の下塗り材と同じ塗料で塗りますので、外壁と同時進行で進めました。

勿論ケイカル板にも窯業系にも密着する下塗り材です。

軒天上塗り完了

今回軒天は半艶仕上げにしました。上品な艶が出ます。

出窓下の軒天施工後

軒天というよりは下見板といった方が正確でしょうか。

ここも半艶仕上げにしてます。

破風板の下地処理

ペーパーで目粗します。屋根同様足付け作業とも呼ばれてます。

破風板の下塗り

屋根も破風もトタン製でしたので、屋根と同じエポキシ錆止めで下塗りしてます。

破風板の上塗り完了

破風と同時進行で平樋(横樋)も塗りました。

雨樋は塩ビ製でしたので錆止め下塗りは塗らず、目粗した後上塗りを2回塗ってます。

破風板・雨樋塗装完了全景

霧除け施工前

出窓についている庇部分は「霧除け(きりよけ)」と呼ばれてます。

直接雨が掛かる場所では無いとはいえ、埃や腐食も激しく痛みやすい場所です。

状況によっては屋根よりも神経を使う部分です。

参考ですが、霧除けに発生する錆は「錆」とは言い難い腐食をします。

よく配管の腐食に見られるこれ←です。

霧除け屋根の腐食もこれの一種では無いかと思ってます。

赤錆でもない白錆でもない、ちょっと特殊な斑点状の腐食が多く見られます。

霧除け屋根の下地処理中

今回は上記のような激しい損傷は無かったのですが、築30年越えてる塗り替え現場に行くと必ず上記のような腐食状態を見つけます。

主観ですが雨による錆とは違い、湿気によって生じる腐食かと思います。

霧除けの下塗り後

屋根同様錆止め塗料で下塗りします。

霧除け上塗り施工後

屋根と同じ上塗り塗料で仕上げました。

水切りの施工前

外壁の下部に水切りと呼ばれる金属モールです。

木造や鉄骨造には大抵ついてます。

下地処理中

金属なので屋根同様目粗しから。

水切り下塗り中

アルミに適した下塗り材を塗ります。使用材料はウォッシュプライマーと呼ばれるエッチングプライマー。

!豆知識!

ブリキトタンなどの金属と違いアルミなどの非鉄金属は通常の錆止めでは剥がれやすい傾向にあります。

その場合ウォッシュプライマーなどで化成被膜処理をしなければなりません。簡単に言うと「化学処理して強制腐食させ密着を得る」という事が必要なのです。

さらに錆止めとは違い、造膜形成するのでは無く、どちらかというと浸透被膜させる感じの塗り方になってきます。なので当然ウォッシュプライマーの塗り重ねは出来ません。

このウォッシュプライマーに短曝型と長曝型があり、長曝型とは下塗り後仕方なく長期暴露しなくてはならないと言う時に使う塗料です。(曝露=野ざらし)短曝はその逆。

亜鉛やステンレスに使うときにも適してます。

水切り上塗り完了

上塗りは屋根や破風と同じ材料で仕上げました。

基礎施工前

この度基礎の塗装も追加で頂きました。

意外とここまで気にしてくださる施主さんは少なく、当店としても塗装経験はあまりありません。

今回は微細なクラック(ひび)が目立つという事から施工する運びとなりました。

基礎下塗り中

セメント用の浸透型下塗り材を塗ります。

サイディングとは違い無色透明な2液性のシーラーです。

基礎上塗り完了

予想はしてましたが、予想以上の仕上がりに私もびっくりしました。

外壁のみならず基礎まで仕上げると、まさに新築同様になります。大変綺麗です。

基礎塗装仕上げ

1階屋根の錆止め

2階と同様に進めます。

ただし足場があるうちは施工が困難な為、足場解体後の施工になってます。

1階屋根施工後

綺麗な光沢です。

仕事柄、仕上げてからはどうも歩きたくなくなります。

足跡をつけるのが勿体無いのですよ・・・・・・。

今回はスノーストップを復旧しなければならないのでどうしても上がらないといけないのですが・・・・・・。

小屋施工前

今回は母屋と別に小屋の塗装もお受けしました。

小屋も屋根、外壁、破風、軒天・・・と各部位存在してます。

母屋と同等の仕様で塗り替えしました。

小屋施工後

スチール物置塗装後

小屋のそばに大きなタイヤ置き場があったのですが、これも相性良い色を使い、贅沢にシリコンで仕上げてあげました。

扉を開けると小屋の外壁が顔を出すのですが、そこもきっちり塗ってあります!

バックアップ挿入

塗装しないタイル面とサイディング面の取り合いにはシーリングが施されてありました。

一旦撤去しバックアップ材を挿入します。

シーリング用のプライマー塗り

シーリング仕上げ完了

本来シーリングしてから上塗りするものなのですが、この場合上塗り塗料ではタイルに滲んで、どうしても綺麗なラインを出せません。

なので色の似てるシーリングを使いシーリング仕上げにしました。

これで施工が全部完了しました。

写真は無かったのですが、玄関のタイル床面には撥水材を施してあります。

奥様が汚れをとても気にされていたので、綺麗に水洗いしてから撥水材を塗布しました。

それとスノーストップも新たに9個追加で設置してます。

施工後のアップ
施工前~施工後のアップ
窯業系サイディングビフォーアフター

すべての工事が終了しました。

毎日飲み物や茶菓子など、お気遣いありがとうございました。

毎度の事ですが、とても遣り甲斐がある妥協無き工事であったと思います。

旦那様も大変勉強熱心な方で、プロ顔負けなぐらいでした(笑)

当然それゆえのプレッシャーもある訳ですが・・・・・・。

最終的には降参? してくれたようです^^;

これも最後まで行き届いた管理と段取りが良かった結果だと思います。担当職長は俊輔でした。

最後に「社長より稼ぐな、あのあんちゃん!違うか?!がはははは!」と言われてしまいました。(とほほ・・・)

今後共アフターケアでの末永いお付き合い、宜しくお願い致します。

この度はインターネットからのお問合せ誠にありがとう御座いました。

仕様書

横長尺トタン屋根面・・・下塗り:エポマイルド  上塗り:ユメロック (関ペ ジェットブラック色)

窯業系サイディング面・・・下塗り:アロン水性プライマー  上塗り:ニューシリコン21 (22-50B)

シーリング・・・変性シリコン:サンスター2550NB (調色)

軒天(ケイカル板)・・・下塗り:アロン水性プライマー  上塗り:アクアグロス半艶 (22-85B)

破風板(トタン巻き)・・・下塗り:エポマイルド  上塗り:ユメロック (関ペ ジェットブラック色)

雨樋(塩ビ)・・・上塗り:ユメロック (関ペ ジェットブラック色)

基礎・・・下塗り:MYルーファープライマー  上塗り:ケンエース (調色)

玄関タイル床・・・レッカノンM