~築14年 モルタル外壁(スタッコヘッド押さえ) 塗り替え工事~

 

今回はモルタル(スタッコヘッド押さえ)の工事です。皆様も見たことがある、もしくは自分の家が

これだ、と思う方がいらっしゃると思います。スタッコというのは粗い骨材と主剤を混ぜて吹きつけした

外壁の模様の名前です。この工事の場合の問題点はやはりクラック(ひび割れ)です。

それでは工事の内容を説明していきます。

塗り替えをするのはこの総2階の部分で。アチコチに

発生したクラック(ひび割れ)が塗り替えの決め手に

なりました。

足場仮設後、まずは高圧洗浄です。クラックにはあまり

水圧をかけないようにしながら入念に洗っていきます。

 

洗浄だけでこんなに汚れが落ちました。スタッコという

パターンは凸凹が激しいため、汚れが付きやすいのです。

塵やコケといった汚れの上には塗料の密着が弱いと

言えるので、洗浄の工程は必要不可欠なのです。

 

これが処理前のクラックです。ヘアークラック(髪の毛位の

太さのヒビ)だと微弾性フィラーで処理できますが、

割れ幅1ミリ以上のものは電動工具を用いての処理に

なります。

電動工具でクラック周りを削ります。次にUカットをいれ

次工程でのシーリングの表面積を増やします。

Uカットをしたらシーリングを打ち、上から樹脂モルタルで

平らにします。乾いたらシーラーを塗っておきます。

次に平らにした部分にだけ既存の模様と同じように

スタッコの材料を吹き付けします。

トップを塗れば補修痕が目立たなくなります。

吹きつけタイルやリシンなども工程は同じです。

ですが、完璧に補修痕を消すにはかなり熟練した

腕が必要です。

目立たなくなりました。他のクラックも同じ工法で

補修しました。

あとは所々にシリコンのシーリングが施されて

いましたので、あらかじめプライマーを塗って

おきますがそれでも密着が悪いです。

銀色になってるのが塗った部分です。基本的に

シリコンシーリングが打たれている箇所は何を

しても密着が悪いので私たちは使いません。

わからない人は安いので使ってしまうようです。

この材料はペンキ屋の敵です。

スタッコの汚れ防止ため、材料は水性でも低汚染性に

優れたセラタイトを使います。2液混合型の

とても高級な塗料です。

鼻隠しは塗りやすくするため、平樋を外します。

上塗りをした後、平樋を復旧します。

ついでに新しいステンレス線で巻きなおしました。

色がわからなくならないように類似色を使い

上塗りを2回塗ります。スタッコの場合、凸凹の中に

上塗り材が入りにくい為、毛の長い長毛ローラー

で塗ります。

1階と2階の色を塗り分けて、綺麗に仕上がり

ました。配色もバッチリです。

少し殺風景だった玄関には…
スプレーコンクリートを施しました。
←塗り替え完了
↑施工前↓
↑施工後↓

仕様書

外壁

下塗り:微弾性フィラー:ソフトリカバリー(菊水化学)

補修材:カチオンタイト(ヤブハラ産業):変性シリコンSUPERONE(横浜ゴム):シポロック(SK化研)

上塗り材:セラタイトシリコン(SK化研)

破風、鼻隠し

下塗り:リフノン(スズカファイン)

上塗り:ユメロック(ロックペイント)

軒天

上塗り:ケンエース(ニッペ)

玄関土間

下塗り:SDレジン(ハチヤ建材)

ファースト、セカンドコート:SDグラウト(ハチヤ建材)

上塗り:スーパーシール(ハチヤ建材)

工期:約10日    総工事費:67万円