ウレタン塗膜防水 ~新築 RC造 ウレタン塗膜防水工事~

現在、防水工事には様々な工法がございますが、その中でも比較的手軽にできる工法のひとつ

ウレタン塗膜防水の現場を紹介します。塗装工事と違い、防水工事の多くは5年、10年、20年など、メーカー保証が

つきます。ですから防水層の破断やふくれといった事故を避ける為にもキチンとした施工法を手がけましょう。

まずは清浄な下地状態を作ります。

コンクリートは中の水分が余上水として上にあがってきます。

その際にレイタンスと呼ばれる不純物がコンクリート表面に

くっついているので、これを取り除く為、洗浄します。

次にプライマーを2回塗ります。1回目はコンクリートに

吸い込ませて、2回目で膜を生成します。

下地の吸水が激しい場合3回塗る場合もあります。

通気緩衝シート

今回は躯体の水蒸気を外に逃がして事故を防ぐ絶縁工法

なので通気緩衝シートを貼ります。強力なボンドを使い

突付けでシワが生じないように貼ります。この作業に

かかる日の降雨は絶対に避けましょう。

平場全体に貼り終えたらシートとシートの突き合わせ部分を

ジョイントテープで押さえます。この時もシワにならないように

気をつけます。

ここで先に脱気筒を取り付けておきます。40平米に1個

といわれています。これで躯体からの水蒸気を逃がすのです。

降雨の心配がある場合、脱気筒を取り付ける前に

防水材を塗っても構いません。コテで均一な厚みを付け

塗っていきます。レベリング性が高い為、塗装で使われる

砂骨ローラーを併用してもムラなく塗ることができます。

コテを使用する場合、硬くて大きなコテを使えば

作業しやすいのではないでしょうか。

防水材の一回目を塗り終えたら養生時間を守り、次は

立ち上がりの補強布貼りをします。乾いた防水材に上がる時

はタックがあるので靴の裏にクラフトテープを貼っておきま

しょう。それでは防水材→補強布→防水材といった様に

サンドイッチしながら貼っていきます。この時の材料には

ダレ止め材を添加してレベリングを防ぎます。

ウレタン塗膜防水

乾いたら次は2回目の防水材塗りです。

立ち上がり、平場共に全体を塗っていきます。

ウレタン塗膜防水

これで残すはトップコートのみになりました。

トップコート

トップコートは2液型弾性のウレタン樹脂塗料です。

臭いはキツイですが光沢もあり耐久性もあります。

これも2回塗りしていきます。同じ色を塗るため、

どこまで塗ったかわからなくならないように1回目は

調色材で少し色の変化をつけましょう。

脱気筒の金物を取り付けて完了です。
ベランダ防水

1階のベランダには密着工法でウレタン防水を施しました。

ここのトップコートには滑り止めとしてプラチップという

細かい砂を塗料に混ぜて防滑仕上げとしました。

ベランダ防水 いずれも端部には収めのシーリング処理が施されています。
セットバック 他にもセットバック(斜壁)の面や…
霧除け 出窓の霧除けも密着工法で仕上げました。
施工前 施工後
↑施工前↑
↑施工後↑

仕様書

国土交通省 X-1適合 JASS 8 L-US適合 脱気工法

プライマー:フローンプライマーH(東日本塗料)

ボンド:フローンエクストラボンドS(東日本塗料)

通気緩衝シート:フローンエクストラシートS(東日本塗料)

2液型防水主剤:フローン#12(東日本塗料)

2液ウレタントップコート:弾性トップ14 (東日本塗料)

防滑材:フローンプラチップ(東日本塗料)

工事箇所:屋上ウレタン防水工事、ベランダ等のウレタン防水工事、RC外壁目地のシーリング充填