某旅館露天風呂タイル貼り替え工事


いつもお世話になっている旅館様より御依頼頂き露天風呂のタイルを貼り替えさせて頂きました。

漏水しているという事もあるのかお湯が減ってしまうそうです。

今回は既存タイルは剥がさずに、タイルの上からポリマーセメント系の防水層を作り、再度タイルを貼る改修にしました。

浴槽ケレン

既存防水脆弱部撤去:

タイルに上から防水材のようなものが塗布されており、これが密着不良となる恐れがありましたので全面撤去しました。

浴槽2種ケレン

ケレン中:

全面の脆弱塗膜をケレンすると同時にタイル表面に傷をつけて目粗します。

浴室ケレン ケレン中
浴槽プライマー塗り

強化プライマー塗布中:

密着を良くするためにプライマーを下塗りします。

浴槽プライマー塗り 強化プライマー塗布中:
露天風呂改修

補強クロス貼り:

防水材を塗りながら破断しないためのメッシュを貼っていきます。

露天風呂防水工事

補強クロス貼り:

エアーをかませないようしっかり圧着していきます。

露天風呂防水

ポリマーセメント防水材塗布:

既存タイルの目地部分に食い込ませるようにしっかりと塗布していきます。

露天風呂防水 ポリマーセメント防水塗布:
露天風呂防水

ポリマーセメント防水塗布完了:

最後に全面に防水材を流し完了です。

露天風呂タイル貼り替え

タイル張り中:

300角のタイルを貼っていきます。

割り付けが重要です。

浴室タイル貼り替え

ドレン加工:

排水溝や役物があるところは加工しながら貼っていきます。

浴槽タイル貼り替え タイル貼り中
露天風呂タイル貼り替え

タイル貼り完了:

乾いたら目地材を詰めて完了です。

角は90度にしてしまうと転んだ時などに危険なので、あえて面取った仕上げとしてあります。

before

露天風呂タイル

after

浴室タイル貼り替え

 コメント

重厚感のある露天風呂になりました。

旅館の工事はお客様のご迷惑にならないように慎重に行う事が重要です。

騒音、通路確保、資材置き場、とにかく慎重に行います。

特に風呂の改修となると工事時期も予約優先で進めないといけないので、毎日の報告、逐一フロントとの打ち合わせが必要となります。