新築浴室 アスファルト防水 E-1工法 工事施工事例

某病院の浴室 アスファルト防水 の施工事例です。

浴室の防水は基本的にアスファルト防水が一番信頼度があり適しています。

ただしアスファルト防水の熱工法にはいくつかの注意点があります。

①窯を置ける場所の手配

②火災事故、やけどの注意

③黒煙の注意

まず火傷をすると大ケガしてしまいますので細心の注意が必要です。

アスファルト防水

施工前

躯体が打設された状態です。

アスファルト窯

窯設置。

この窯でアスファルトを溶かし、アスファルトシートに流し張りしていきます。

 

アスファルトプライマー

下塗り施工中。

アスファルトプライマー下塗りします。

熱アスファルト アスファルトシート、ストレッチルーフィング搬入。
アスファルト窯

バーナー設置。

バーナーは窯を焚くのに最適なものを準備します。

ハイコート投入

アスファルト投入。

固形物のものをドロドロの液体に溶かします。

標準溶解温度は260度です。

熱アスファルト

 

シート裁断。

予め施工場所に合わせシートを裁断していきます。

E-1工法は合計平場、立上り共に4層となります。

アスファルト防水

ドンドン重ね張りしていきます。

エアーが入らないように手際よく貼っていきます。

 

アスファルト防水

立上りは巻き上げながら貼っていきます。

 

アス防 熱工法

 

出隅や入隅はストレッチルーフィングを増し張りします。

熱アスファルト防水

シート貼り完了。

 

熱アス 熱工法 最後は溶かしたアスファルトを全面に塗り付け完成となります。

 

アスファルト防水

端部はアルミの押さえ金物をビス止めします。

立上りはモルタルの塗るのでラス掛け用のトンボを取り付けてあげます。

aIMG_1860 トンボとりつけ完了。

 

熱アスファルト防水

1階浴室完了。

ここまで施工したら「水張試験」を行い、漏水がないか48時間程度見守ります。

2階、3階フロアは特に重点的な試験と確認が必要とされます。

熱アスファルト 2階フロアも同じ手順で貼っていきます。
熱アスファルト 2階フロア浴室完了。
熱アス 2階フロア浴室完了。
image

3階フロア浴室完了。

アスファルトA-3工法

浴室ではないテラスなどは抑えコンクリートを打設するので、A-3工法で施工しました。

A-3工法は2層貼りとなります。

最後は絶縁用のフィルムを貼って完了となります。

 

after

 image

以上がアスファルト防水の熱工法となります。

 

アスファルト防水にも様々あり。浴室や屋上とでやり方が変わります。

屋上の場合はシンダーコンクリートが必要ない(露出工法)の場合は↓このように最後に砂付きルーフィングを貼って完了となります。

改修では施工性に富んだ改質アスファルトが格段に優れていますが、新築の場合ですとやはりアスファルト防水熱工法がまだ信頼度が高いといえます。

近年は塩ビシートの機械固定に変わりつつありますが、まだ設計の段階でアスファルト防水仕様が組み込まれる事が多いです。

写真 2017-02-16 16 14 42

仕様書

 

浴室:アスファルト防水熱工法 E-1工法 200平米

野外:アスファルト防水熱工法 A-3工法 20平米