寒い冬も終わりを迎え、いよいよ暖かい春の気配を感じる今日この頃。

暖かくなると、喜ばしい事にお客様から塗り替えのお電話やリフォームのお電話も増えてきます。

やはりいくらリフォームしたくても、皆様冬は控えてしまう傾向はあるのでしょうね。

 

今回は現調に来た物件は二階建てアパートです。

IMG_2651

 

↓痛んでいないように見えても表面は・・・

IMG_2652

 

↓このようにチョーキング現象が発生。

(チョーキング現象とは、表面の塗装膜が紫外線によって侵され名の通りチョークのように粉化してしまうこと)

IMG_2654

こういったサイディングは新築時の塗装膜は割と安価なものを使われている傾向にあり、

10年経過すると色あせてチョーキング現象が発生してしまいます。

塗り替え時期のサインの一つでもありますので、皆さんぜひお家の外壁を擦って試してみてくださいね^^

 

 

もう一軒は一般的な木造住宅です。

インターネットからのお問い合わせで参上しました。

屋根に上がると、いや~凄い錆ですね。

IMG_2655

幸い屋根表面の錆のようなので、しっかりケレンして塗り直せばまだまだ持ちそうです。

屋根の裏の錆ですと塗装し直してもまたすぐ錆汁が出て錆びたように見えてしまうので、一概に塗装だけすれば

良いとは言えません。

時には屋根板金を葺き替えしなければならない事もあります。

その際は塗装よりも倍以上高額になってしまうので、やはり定期的な塗装は必要と言えます。

 

今年は雪も多かったので、屋根の塗装工事を考える良いきっかけかもしれません。

お家の長持ちお手伝いは、ゆうき総業にお任せください^^

ちなみに屋根の塗装は約15万~25万程度が適当です。

痛い出費かもしれませんが><

ご参考までに!!