山形で塗装リフォーム・防水工事をはじめ各種仕上げ工事を得意とするゆうき総業のホームページ

斉藤 貴裕


「自分が変わったこと」斉藤 貴裕


自分はゆうき装業に入り、ここら辺が変わりました。

 まずは、仕事に対する気持ちが変わりました。今の会社に来る前にも鳶や土木をしていましたが、長続きせず1年もたたない内に辞めてしまいました。

自分は昔から体が大きく、力もそれなりにあったし、根性もあった方だと思います。

なので鳶などしていた時もなんだかんだついていけたのですが、自分の入る会社はなぜかピンハネする会社だったり、給料が2ヶ月や3ヶ月遅れる会社だったりして、いい加減嫌気が差して辞めていました。

続けようとすれば続けられたんだけど、自分は昔から長続きできる仕事がしたかったので、そういう事を考えると早めに辞めて違う仕事をした方が良いと思ったのでその会社を辞めました。次はペンキ屋になりたいと思ったので、友達などの知り合いに仕事を探してもらい橋塗りの会社で働かせて貰う事になりました。

最初はサンダーケレンなどで削った錆等が顔に当たったり、体にペンキが付いたりするのが嫌だなー、などと思っていましたが、仕事をしている内に「ペンキ塗んのっておもしゃい」と思う様になり日に日に仕事が楽しくなっていく一方でした。

しかし楽しかったのもつかの間、季節は冬になり仕事がなくなっていきました。ひどい時は1ヶ月丸々仕事の電話が掛かってこない日もあり、これじゃ生活が安定できないと思ったのでそこの会社も辞めてしまいました。

本音はもっと仕事を続けていきたかったのですが、仕事がないんじゃ話しにならなかったし、周りの人からも「辞めた方が良いよ」などと言われていたので辞めてしまいました。

ついに自分は職をなくしプー太郎になっていた所、知り合いの友達に「石屋さんしてみねが?」と言われ

「仕事してないよりいっか」と思い石屋さんで働くことになりました。

社長の方もやさしくて良い人だったので、丁寧に仕事を教えてくれてて良かったんだけど、ある日自分はこの仕事してていんだろうかと思う日が続いていました。

そんな日が続き仕事にも集中できなくなり不真面目になり、石屋をクビになってしまいました。

でも石屋さんの社長さんは、自分にペンキの仕事を紹介してくれました。

それがここ、ゆうき装業です。

初め面接に行った時は社員の方も若く、良い会社だといいな、と思いつつ次の日から働くことになりました。

今度は橋塗りと違い建築だったので、全くわからなかったんだけど、みんな優しく一から教えてくれて今ではこんなに成長しました。

この会社に入ってから、常識やら挨拶やら礼儀やら色々学びました。これからまだまだ学ぶべきことは山ほどあると思うので、少しづつ学んで行きたいと思います。

こんな自分ですが、ゆうき装業に必要な存在になれるように日々努力していきたいです!!

お問い合わせはお気軽に! TEL 0120-114492 9時〜19時(日・祝日除く)

施工エリア

    山形県エリア:
  • 山形市 上山市 南陽市 高畠町 米沢市 長井市 天童市 村山市 東根市 大石田 山辺町 寒河江市 朝日町 新庄市
        ほか主に
      • 村山、置賜、最上地方
        福島県出張所エリア:
      • 会津若松市 喜多方市、宮城県出張所エリア:仙台市 名取市 白石市

      多方面出張も随時ご検討しています。

ブログ



加盟団体

塗装店の案内所

おすすめ塗料

SNS

PAGETOP
Copyright © ゆうき総業株式会社 All Rights Reserved.